« 日本メイド喫茶ショウ | Main | バイク用ナビ »

小型原子炉並みの発電能力

高さ1000メートルの塔を中心とした太陽熱発電所、『ソーラータワー』をオーストラリアに建造する計画があるそうです。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050225301.html

このソーラータワー200MWの発電能力をほこり、小型の原始発電所並みの発電能力があるとのこと。日本の一般家庭の年間消費電力が4,000KWほどだそうですから20万弱程度の電力が一本の塔でまかなえることになります。おおー、原子力発電所に比べればメンテナンスも楽そうですし、小説のネタなどに使えそうな設備です。
それに環境に影響を与えにくいというのはすばらしいことだと思います。いえ私はエコロジストではないんですけども、記事中にもある通り、中国にも作る話が出ているそうで。もしこれが本当ならエネルギー事情を考えれば歓迎すべき話ですし、日本にとってもは切実なことにソーラータワーであればもし失敗しても倒れるだけですから。
これが原子力発電所だと、中国で何か事故が起こり、放射能混じりの砂が飛んできたというようなことが起きかねません、さすがにそれは避けたい。そう言う意味で環境に影響を与えにくいというのは日本人として歓迎したいと思います。

ただ高所恐怖症の私としては、1kmの高さを持つ塔というのがどうしても倒れるんじゃないか、強風が吹いたらぽきっと行くんじゃないかというような恐怖が。もちろんそうした耐久度に関する計算をしての計画なのは分かっているんですけども・・・、そう言うことを考えるだけで怖いです。
とりあえず原子力発電所と同じくらいには近所にはできて欲しくない建物ではありますねえ。

|

« 日本メイド喫茶ショウ | Main | バイク用ナビ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61034/3089972

Listed below are links to weblogs that reference 小型原子炉並みの発電能力:

« 日本メイド喫茶ショウ | Main | バイク用ナビ »