« インスタント紅茶ってなかったっけ? | Main | つーことで »

遺伝子に意志があるとすれば

メンデルの法則が覆されそうだというような話が出てました。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20050324303.html

これによると遺伝情報に狂いが生じても、なにかしらの基本となる遺伝情報と異なっている場合には、それ以前の遺伝情報を参照して直すってことですか。その参照される遺伝子やこの場合の奇形となっている遺伝子の場所はわかってはいないけどもメンデルの法則において例外が発見されたことはすげえことなんだなあということくらいはわかりますな。

しかし遺伝子が自分でエラーを発見して選ぶという話を聞くとベストセラーとなった利己的な遺伝子を思い出しますな。あの話自体は別段好きな説ではないわけですが、センセーショナルなタイトルと相まって目を引いたことを思い出します。はてさて、遺伝子に意志があるとしたら私たちは支配下にあるんでしょうかね。

|

« インスタント紅茶ってなかったっけ? | Main | つーことで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61034/3442505

Listed below are links to weblogs that reference 遺伝子に意志があるとすれば:

« インスタント紅茶ってなかったっけ? | Main | つーことで »