« ニンテンドッグの発売日も決定 | Main | 決闘罪を適用するんだ »

口だけ夢を言うなと

まあ口だけでしか言えないから夢を語っているわけですから、しょうがないちゃしょうがないんですけどね。でも夢という本人の希望を、人に向かって話すとどうも話しただけで満足しちゃう気がするんですよね。
理想の自分、理想の仕事というのが、夢で語るオーソドックスな物かと思いますけど、その夢の中では、全てが成功したとしての姿や結果を話しています。
そうしたことを口に出した瞬間、その人は理想の自分という物と一体になった状態になっているのだと思います。
いやそれはいいんです、雑談ついでの話ですし、そういうことは聞いてる方もそこそこであればおもしろい。ただそれだけで終わってしまうのを見ているとなんだか寂しいというか勿体ないというか、せかしたくなると言うか、そういう気分におそわれます。
夢を話すのは面白いことです。最高だと思います。こういう風になっている、こんな自分でいる、こういう事をしてみたい、私もたくさんあります。
でもある程度の段階をすぎれば、ただ夢を語るだけではなく、なぜそれを、どうやって、そして自分との距離を考えて、自分の中である程度組み立てて、計画を建て話すべきではないか。そうではないと夢は夢のまま、心地よい都合のいい慰めでしかないかと。
夢を話すのではなく、実現するための経路について話して欲しいなと思った今日でした。

|

« ニンテンドッグの発売日も決定 | Main | 決闘罪を適用するんだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61034/3148503

Listed below are links to weblogs that reference 口だけ夢を言うなと:

« ニンテンドッグの発売日も決定 | Main | 決闘罪を適用するんだ »