« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | April 24, 2005 - April 30, 2005 »

ショコラ PS2版

限定生産のフィギュア付き。ファミ通の広告を見た限りでは結構出来よさげ? ちっちゃいから何ともいえませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脳が子供なもんで

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20050421/econline.htm

なんだか狙われすぎると嫌悪感が先に来るんですが、人気でるんでしょうか? この萌えをターゲットにしたMMORPG。
狙いすぎてるっておもいっきり狙ってるエロゲーにお前はまってるじゃんとか言われそうですが、なんとなく違う違和感があるんですよね。なんだろう? エロゲーの場合、萌え産業・・・アニメなどもそうなんですが、利益を出すために狙っているんだけど、作っているそうはある程度、これおもしれえだろと言うような狙いで作ってくれてるんじゃないかなと言うような幻想を抱いているわけですわ。実際には違うのかもしれませんし、ただ食い物にしてるなぁと思うのも多々あって、それでもおもしろそうなら買うわけですけども・・・。
そういう意味では全く変わらないんですがなにが気になるんだろう?

やっぱり俺らから金を搾り取るのに、萌え市場に住んでいる人間に伝えるよりも、株式市場に情報を伝えたかったような感じが嫌悪感を増させているのかなぁ。別に先住権があるわけでもないですし、子供じみた感覚だというのはわかっているんですが、趣味嗜好の世界で、別に自分が商売として関わってない場合には、そうした考え方でもいいと思うんですよね。こんなところにまで大人の感覚を持ってこなくてもいいというか。
マンション建設の時に地域住人の許可を得ずに高層マンションを建てられて、権利保障じゃなくて気分的に文句を言いたくなるようなあの感覚なのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうデュアルコア出荷なんだ

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0421/amd.htm

次はデュアルで積むぞ積むぞという話が流れて、まあだいぶ先の話だしなぁと思ったらもう出荷だそうです。INTELの方も完成してますし、なんだか時の流れは速いなぁとすっかりおっさんじみたことを考えたりしてみました。

デュアルCPU構成はP3のころに触ったことありますが、当時は対応したアプリケーションなどもなかったため、複数のことをやったときに処理落ちが少なくてすみ、使いやすいなあ、しかしコストに見合っているかなどと考えるとと言うような世界でしたが、今現在はエンコードでCPUパワーの使い道は一応ありますからね。実際に必要かどうかなどというのはそれこそ、よりパワーのあるCPUがでてくれば、なにかしらの使い道が出てくる門だというような昔のスピーチの通りになるのでしょう。

しかしメインストリームにはP-Mとかの省電力PC持ってきた方が売れるんじゃねえ仮名とか思わなくもない・・・。エンコードやってその時間に長短に一喜一憂する人間ってそんなに多くないんじゃないっすかねえ。ゲームユーザーくらいでしょ、モアパワーの世界、後は趣味でPC組むとかそういう話であって。
車のように好きな人間はいろいろいじるけど、道具としてみている人間は速度ではない快適性を求める方向でアピールした方がおいしい気がします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

LibrettoLibrettoLibretto

http://ascii24.com/news/i/hard/article/2005/04/20/655482-000.html

つーことでLibrettoの新型です。ミニノートという便利ではあるんだが必要ではないというような実にすばらしいノートPCです。今となっては別段に目を引くスペックであるかと言われると微妙? というような感じではありますが、当時持ち歩けて、バッテリーが持って、スペックもそれなりであるというノートを探し続けていた人間にとってはいまだに聞いただけで欲しくなるノートではありまする。つーかその辺のNostalgiaを別にすると今のところ別に目を引くところもないというような感じなんですよね・・・。
でもしかし腐ってもLibretto、使ったらなんというかベストじゃないけどベターが見つからないというような使い心地であるに違いないと信じています、信じさせてください東芝様!!
ということでいまから私は緊縮財政にはいることが決まりました。飯おごってくれる人募集中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

web通販で結構買えるけど

やはり、店舗でぶらぶら見て、衝動買いする楽しみというのは捨てがたいものでと言うことで秋葉原のovertopの後継が出てきました。これOvertopの店員さんが作るって言っていた店ですよね。

http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2005/04/16/655440-000.html

品揃え的にはOvertopの海外ゲームフロアまんまというような様子なのでちょっと一安心ですか。最近秋葉原をぶらぶらすることがめっきりへりましたが、こういったゲーム系が充実しているのはやはり秋葉原なんですよねえ。また足繁く通うようにしようかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

狙おうとすると

友達と同人ゲーム(アドベンチャー)でも作るかと酒の肴に話していまして、まあとりあえず話を考えているわけですが、やはり思いつきません。
よく言われる狙おうとすると滑るという言葉が、頭の中を行ったり来たりというような状況です。
これは自分の好みにぴったり当てはめようとすると失敗するから少しぼやかした方が、読者にはうける可能性が増えるよと言うことだと思っているのですが、しかしぼやかしたら薄まりすぎて、やっぱりおもしろくないというような状況も考えられると思うわけです。
自分で書いた本を記憶をなくした自分が読んだら大絶賛というような話がありましたが、あれも要は自分にねらいを定めて少しずらしたものが、やはり自分にはストライクゾーンだったということで、おもしろくないおもしろいの判断は自分の感性というやつに左右されるところが多いと思うわけですわ。
もちろんそうした表面の感性ではなく、人間のどこかに共通するところをくすぐる話を書くことが出来れば、それはどんな人間にもおもしろいと思わせるような話が書けると言うことでもありますが、そんなこと狙って出来るなら、物書きなんかよりもよっぽど儲かりそうでおもしろそうな仕事、宗教家なんてものが狙えるわけでもあります。
まあなにが言いたいかというと、どうも自分でこれがおもしろいというような話が書けないと言うことで。そもそも自分のストライクゾーンすら狙えねえじゃねえかというような状況に、今行き詰まり気味・・・。
俺がおもしろいと思うようなものはなんだっけっかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 10, 2005 - April 16, 2005 | Main | April 24, 2005 - April 30, 2005 »