Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »

勝手にめくれない本

うわ、ほのかに便利そうなんだけど使い道が文中にあるように障害者の方以外に思いつかねえ。
んー譜面台とか言いましたっけ、音楽の時とかに譜面をおいていた台。
あれは学生時代にペラペラペラペラめくれてしまっていた記憶があるのでいいかもしれないですねえ。あと本に折れ目とかつくのが嫌いな人とかもいいかも。
私は電車の中で読みやすいようにすごい軟らかい本とか片手でめくりやすい本とかを作って欲しいです。親指の届くあたりがくぼみ状になっているだけでも違うと思うんですけどね。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091106107015.html

| | Comments (0) | TrackBack (2)

購入考え(AA)

サムスンの17インチ液晶。SyncMaster 712N。
応答速度も速くてよさそうに思える。こうした液晶は単なるスペック上の応答速度だけでははかれないらしいが、実際に速度が速い物とされているのは値段がよい物がおおいのでちと困る。
まあきっと応答速度の遅い同じような価格帯の物と比べれば早いほうがいいと思うので少し購入しようか思考中。

AA(amazon associate)
SyncMaster 712N...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mac mini分解

mac miniの分解方法があがってしました。
このちっちゃいMac、初期メモリが256Mでオフィシャルで増設すると512で8000円程度とまあ普通なんですが、1Gになると5万円前後という高すぎるだろそれという価格に。
自分で空けて交換できればいいんですけども、オフィシャルで空けるなと言う但し書きが出ている上に鈎上の引っかけがケースに施されており、壊す覚悟がなければ開けられない仕様。

こちらではそのMac miniを壊さずに開ける方法について解説してあります。
これでメモリの増設やHDDの増設と言った必要最低限の増設作業ができるようになります。
二台目マシンとして、または初めての、久しぶりのMacとして使ってみるのも良いのではないでしょうか。むかしimacを使っていた、ボンダイブルーimacからパソコンの世界にきたという人も多いでしょうし。

私も一台買おうかなぁ、静からしいし。

http://www.vintagecomp.com/room/mactune/special/macmini/macmini1/macmini1.html

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ipod_shuffle

あれこれ話題のipod shuffleのレビューがあがっていました。
Macの発表会直後に売りに出されて、プレスの間でも大人気だったというipodの新商品。
レビューを見ると転送速度が遅いと言うこと意外には特に弱点といえるところはなさそうですねえ。
まあ液晶がないというのは、購入する人は理解してると思いますので安くシリコンオーディオを手に入れたい時にはいいのではないかと思います。
エントリー機としては十分でしょう。次に買うときにはHDDの方がいいのか、それともシリコンオーディオの方がいいのか使うことによって結論が出るでしょうし、そういった試行として考えると安い方がいいと思うので。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050121/dev100.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MPEG4カメラ

最近持ち歩きようにコンパクトカメラを買おうと思っているのですが、どうも機種が決まりません。ちっちゃいことはかなりのウエイトを占める重要なことなのですが、条件として光学ズームと動画ができること。
正直光学ズーム3倍程度がついていないなら携帯のカメラで十分なんですよね。でも携帯のカメラでは何となく物足りないような気もすると言うだけの無い物ねだりな物で。
そんなことでニュースをチェックしていたら少しよさげなカメラが発表されていました。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2005/01/21/804.html

日本円に直すと38000円程度でしょうか。日本のMPEG4カメラと違い、光学ズームはついていませんが、この大きさはかなりの魅力。日本でも売り出すといいんだけど。それとも個人でも販売してくれるのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テンピュールのマットレス

なんかこの記事の写真を見ていると型でも取れそうですね。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0501/20/news092.html

全体に分散されるからテンピュールマットレスはいいよと言う話ですが、昨日見たWBSでベッドの話がありまして、そこで紹介されていたシモンズベッドも同じことを言っていたわけです。

シモンズベッド オフィシャル英語
http://www.simmons.com/

何となくスプリング式ベッドの方が寝心地自体は良さそうなんですが、どうせならいくつかこういった高級ベッドを用意してくれれば良かったのにとも思いますね。
タイアップだからこのキャンペーンじゃ無理なのは分かるけど。
どっかのホテルではシモンズベッドを使っているところもあるそうでいつか寝心地を比べてみたいなぁと思う次第。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒタリフタナリ

少し話題になっていますが、ヒトリフタナリことヒトリナフタリ。
いや全く知らなかったのですが、友人からポペペとMSNメッセの音が入り、みさくらなんこつの話がドラマになったぜとのこと。
こっちもマジでと反応してみましたが。一人な二人じゃねえか・・・。
しかしみさくらなんこつ語でしゃべくるドラマがあったら面白いような気もするですのう。ふたなりCDみたいに聞いてるうちになんか違う鬱回路に火が入りそうな気もしますが。世界のぉおお中心れ愛をしゃけぶとかそんな感じになったら、見るかな?みねえだろうなぁ。


Yahoo!紹介記事
http://futari.yahoo.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公衆電話磁気カードに一本化へ

比較的新しいICカード方式と昔ながらの磁気方式の二つが併用されていた公衆電話を磁気カード一本に統一するそうです。
たしかにICカードの公衆電話はいろんな意味で不便でしたけども正直公衆電話自体をほとんど使わないのも事実。
ここでIP電話各社様無料の公衆電話を設置してはくれませんか!
日本だったかどこだか忘れましたが広告を表示することによって、公衆電話の通話料を無料にするサービスがありました。日本でもあれを行うべきです。どうせほとんどの人が携帯を持ち歩いて、一部の人間だけしか使わないのですごい赤字になることはないでしょう。もしくは通話時間を短めに区切ればいい、どうせ公衆電話で長い間話さないでしょ?
半分本気で言ってるんですけどどっかやらないかなぁ。ybbとか。

ICカード公衆電話が廃止へ 利用減で磁気式に一本化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0501/20/news075.html

| | Comments (0) | TrackBack (3)

USBミシン

ITmediaでUSBミシンなる物が紹介されていました。

http://www.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0501/20/news073.html

よく平日昼間の通販番組(日本通販とかその辺ですね、というかその辺をみている俺も遊びいけと思うわけですが)で新しい刺繍ができて云々ですばらしい29800円程度で買える、今なら買い換えキャンペーンでとやっているわけですが、こういったユーザーが簡単に後付でできるような物を作るともう買い換えようとは少なくなってしまう気もします。
まあ新しい刺繍ができるから買い換えるという人間はあまりいないでしょうけども、ミシンを日常的に使わない人間に対しての請求の一つが無くなってしまったことはミシン業界としてはどうなんでしょうね。

というか今の親御様たちはミシンなんて使っているのでしょうか。わしが子供の頃は良くぞうきんなんて縫ってもらった物ですが(一応二十代ですよ、しかも前半気味ですよ)最近は100円ショップで買った方がコスト的には安そうですからねえ。

まあ一応ミシンの使い方とか授業で習った口としては、このまま手頃な値段で手に入るままでいてくれるといいなあと、業務用ミシンとかたけえですからね。

そしたらこれも十分高かったというオチ。どんな人用なんだこれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ただ酒

本日 就職先になるかも知れない人におごられてお酒を飲んできました。まあこの時間に書き込んでるくらいですから、泥酔したとかしこたま呑んだというレベルではないんですが、まあただ酒だったわけです。
ただ酒はうまいって言うじゃないですか。私ではまだそのレベルに行ってないらしく、ただ気を遣っただけになってしまいました。
あれですね、もっと入れてよく分からなくなればきっと只酒もうまいし、楽しめるのでしょうけども私くらいに遠慮しーしー呑んでるようじゃダメですね。
只酒をこれから呑まれる予定のある方は周りなんか気にせずに呑むとたぶん幸せになれるのだと思います。
その後は知りませんが。しかしおっさんの話は面白くない話が多いなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春モデルノート

各社から一斉に発表されましたが、sonoma対応以外に微妙に求心力のあるネタがありませんねえ。sonomaだけでもまあ十分って言ったら十分なんですけど。
VAIOTypeTの表面加工はちょっと魅力的かなぁとも思いますが、これだっと思うには少し弱い気もします。個人的にはOQOが日本で正式に販売されればいいような気もしますが、値段のバランスから行くとまず売れねえだろうなぁとも思います。まあ日本でもTypeUと言う選択肢があるにはあるんですけどね。
OQO
http://www.oqo.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

笑いについて

友人と話していてふと思ったことなんですが、本屋に行くとお手洗いに行きたくなることあるじゃないですか、ありますよね、あるとして話します。

そのときに時々トイレのない本屋があるが、それは客に対するサービスがなってないよね、長居をする客であれば必ずトイレに行きたくなるじゃんと同意を求め、アッハッハと笑って話を締めようと思ったのですが、友人はそんな経験はないから分からない、と言うかおまえだけだ、この作りのおかしな人めみたいな反応だったわけです。

えー、その話はここまでなのですが、そこで笑いについての本を昔読んだことを思い出しました。その本では笑いというのは人間が共同生活を行う上でその立ち位置を知らせたり、一定の場所から外れた場合にそれを伝えるための手段だとされていました。

つまり笑うことによって笑われた側、笑った側ともにこれはやってはいけないことだと思わせたり、情報の共有意識を持たせて行動規範にするということの役割もあると。

一番上の話に戻りまして、例えばこれがテレビとかでやっていたら、上の話が良くできているかどうかは別としまして、笑えと言わんばかりに流れる笑い声の効果音が流れ、私の友人も面白くなくても笑ったのではないかなと。

でもそれは自分の経験に照らし合わせたわけではなく、ただ周りの反応を見て笑っているわけです。そういう経験が無くても笑っている人間は、こういうネタの時には笑うという行動規範を手に入れ、似たような次の機会があれば笑うのでしょう。

しかし彼は実際にこれを面白いと思って笑っているのか、そういう点で怪しくなってきます。

経験に基づいた笑いを作るためには結局どこを参考にすればいいんだろうと。自分と友人の経験をすりあわせてたぶん世の中の多くの人間は行った経験だろうと当たりをつけるしかないんですかねえ。

む、まとまりが無くなってしまった上に長い。とりあえず結論として本屋はトイレを必ず作るように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男二人で

ディズニーランドに行くことが決定しました。

リアル男二人で。ディズニーランド久しぶりだなぁ。男二人か・・・。なんかの罰ゲームじゃないかと思うようなシチュですが、行きたいと言ったのは私なので全然罰ゲームじゃないんですけど。

おっし遊ぶぞと今だと何がおもしろいんすかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレイやんの発売日決定

2月21日に決定。価格5000円 

mediastage付き6000円

http://www.nintendo.co.jp/n08/playan/index.html

mediastage

http://panasonic.jp/support/software/mediastage/

やっぱり安いなぁ。動画用途は解像度の低さとGBAの液晶の画質から言って期待できないだろうけど音楽を聴くだけなら十分な気もする。

何か面白い使い方はないかなぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メテオス

DSのメテオスが面白そう。

オフィシャル
http://planetmeteos.com/index.html

紹介なさってる方のところ

http://marie.saiin.net/~scudelia/diary/archives/000353.html

こういったパズルは忙しければ忙しいほどやることがあればあるほど、面白いと感じる気がしますので、ペンを使い、様々な手間を取らすことができるDSではパズルゲームが再び隆盛を取り戻すのかなと言う気がします。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

とりあえず開始

いやいや、またホームページを作り始めましたよ。

昔作っていたことがあったんですがそのときには速攻飽きてやめてしまって、今度こそ続けたい覚悟。デンパンにあげようと書いてる小説の宣伝も兼ねてしばらく日記というか、覚え書きみたいな物をだらだらと書いていくつもりです。

まあ不定期アップになるとは思いますが。

就職課は就職してないと電話攻勢がすごいですね。内定もらって断ったとか言ったら、「人生甘く見すぎてる」だそうです。

まあ甘く見てるわけですが後悔しないとわからんちんというのも事実。他人の失敗談を読んでも完全には理解できませんからね。まず自分で失敗せにゃ。失敗したら取り返しが付かないことも多々ありますけど・・・。

まあそんなことで備忘録です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Main | January 23, 2005 - January 29, 2005 »