operaの人すげぇ!

正直適当にお茶を濁して終わりだろ、まあせいぜいおもしろくやってくれと思っていたら、かなりおもしろかった。むしろリアルタイムで放映して欲しかったくらいだ。下のリンク順番にどうぞ(ITmediaの記事)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

衝撃に強いHDD

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0504/26/news018.html

衝撃には強いかもしれないですけど、たしかHDDって動き始めるときが一番ぶれるんじゃなかったかととりあえず文句を付けてみます。
いや製品としてはいいと思います、シリコンメモリの堅牢製・・・というか無可動のため物理的な壊れが少ないというのは実際安心感がありますし。
しかしシリコンメモリがいかに安くなっているとはいえ、HDDの容量には当然のことながらかなわないわけで、常に分回しながらノートを使う人間が多いとも思えず、またMP3や動画を見ながらノートに振動を与えるような場所も思いつかず・・・。
はてさてどうなんでしょうか。
しかし外人さんはタフな扱い方をするタフガイばっかのようなので海外では人気があるのかもしれません。あとPCが壊れ物だと知らない人間にも勧められるような気もしますが、そういう人間は買うのかなぁこういうのが搭載されたノート。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もうデュアルコア出荷なんだ

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0421/amd.htm

次はデュアルで積むぞ積むぞという話が流れて、まあだいぶ先の話だしなぁと思ったらもう出荷だそうです。INTELの方も完成してますし、なんだか時の流れは速いなぁとすっかりおっさんじみたことを考えたりしてみました。

デュアルCPU構成はP3のころに触ったことありますが、当時は対応したアプリケーションなどもなかったため、複数のことをやったときに処理落ちが少なくてすみ、使いやすいなあ、しかしコストに見合っているかなどと考えるとと言うような世界でしたが、今現在はエンコードでCPUパワーの使い道は一応ありますからね。実際に必要かどうかなどというのはそれこそ、よりパワーのあるCPUがでてくれば、なにかしらの使い道が出てくる門だというような昔のスピーチの通りになるのでしょう。

しかしメインストリームにはP-Mとかの省電力PC持ってきた方が売れるんじゃねえ仮名とか思わなくもない・・・。エンコードやってその時間に長短に一喜一憂する人間ってそんなに多くないんじゃないっすかねえ。ゲームユーザーくらいでしょ、モアパワーの世界、後は趣味でPC組むとかそういう話であって。
車のように好きな人間はいろいろいじるけど、道具としてみている人間は速度ではない快適性を求める方向でアピールした方がおいしい気がします。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

LibrettoLibrettoLibretto

http://ascii24.com/news/i/hard/article/2005/04/20/655482-000.html

つーことでLibrettoの新型です。ミニノートという便利ではあるんだが必要ではないというような実にすばらしいノートPCです。今となっては別段に目を引くスペックであるかと言われると微妙? というような感じではありますが、当時持ち歩けて、バッテリーが持って、スペックもそれなりであるというノートを探し続けていた人間にとってはいまだに聞いただけで欲しくなるノートではありまする。つーかその辺のNostalgiaを別にすると今のところ別に目を引くところもないというような感じなんですよね・・・。
でもしかし腐ってもLibretto、使ったらなんというかベストじゃないけどベターが見つからないというような使い心地であるに違いないと信じています、信じさせてください東芝様!!
ということでいまから私は緊縮財政にはいることが決まりました。飯おごってくれる人募集中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IBMの直販が安いなぁ

一人暮らしをするかもしれないことを考えてサブマシンでノートが欲しい・・・。
なにやらベアボーンで組み立てるノートでビデオカードを取り替えられるって言うやつがでたらしいっすけども、うーんどうなでしょう、ノートの自作って。
個人的にはノートは結構シビアそうなんで自作だといろいろとめんどくさそうだなぁと思うところがあるんですよね、いじくるところがもう完全に手をかけるか、全くいじくらないかになりそうで。
何かいいノートがないか少し物色中。とりあえず性能よりも静かであることとキータッチっすかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3画面表示が出来るキューブベアボーン

http://kakaku.com/akiba/hayamimi/05/04/hayamimi20050414_ST20G5.htm

ATIチップセットのベアボーンキット。まあATIのビデオカードを使った場合に限りという縛りがあるとはいえ、自分で3D性能がいいボードを選べるというのはいいですねえ。今現在一枚のカードで3画面が出来るのはATI、NVIDIAともなかったと思いますので(記憶違いか?)Matrox系では3Dがちとなぁと思っている人間にとってはいい選択肢のような気がしますというか俺が欲しいです。
今現在調子が悪くなっていた自作PCからDELLの4700Cを静音化して使っているのですが、いやー中身いじれねえからつまんねえつまんねえ。まあキューブも似たようなものなので正確に言えばATIチップセットがいいなぁってことなんですけどね。
しかし普通に使う分で自作ユーザーであれば最近はキューブもいいなあと思い始めてるんですよね。ブック型よりも横に大きい分クーラー系の工夫は出来そうですし。
最近は自作の利点もあんまりありませんが、趣味PCの自作と書いて最近作っていないなあと言うような方はベアボーンで戻ってきてはどうでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

音圧ってなんだろう

韓国の企業からヘッドフォン型のMP3が発売されました。別にそれだけなら珍しくもなくなっているんですが、今回のプレイヤーは音圧なるものを重視して作られたそうです。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050401/rwc.htm

でライブで味わうような音圧感って何よ? あの振動か? 昔ふるえるヘッドフォンがあったけどあれと同じようなことをやっているのかな? 正直言って音圧がある場合には音質の聞き分けなどは出来ないと思いますし、大きく鳴らさないと臨場感という意味でもおもしろくないと思いますので、こうした携帯用であろうプレイヤーで音圧向上などというのはどうなんでしょう。
そもそもMP3プレイヤーで本当に音質の満足ってあるんでしょうか? 妥協すればMP3でもいいかなとは思いますが、家でMP3プレイヤー聞こうとするとちと物足りないですよね、非可逆圧縮を書けている以上しょうがないんですけどもっていうか非可逆圧縮という言い方もなんか紛らわしいですよね。ぶっちゃけ削除じゃないっすかあれ。
つーことでマイナスイオンと同じ世界にいる言葉のような音圧という不思議世界に行く前にまだまだ音質がんばってほしいなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PSXの開発コンセプトがわからん

PSXとPSPを連携できるようになったのが、今回の新型PSXの売り。しかし映像ダビングの機能が映像時間の数倍というなかなかおもしろい仕様に最初からどうなのよという声が上がっていました。
開発からすると画質にこだわったらこれくらいかかったと言うことらしいです。
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0503/29/news089.html
まあ確かに画質は大事なんですけどね。数倍かかるとなると気軽に使おうという気にはなりませんよね。せめて気軽に使えというならメモステを差し込んでいない状態でも、変換した動画をHDD中にため込むというような機能は欲しかったと思います。というかそれができないってどうよ。
PSXの機能としてはスゴ録の機能がアプリケーションとして追加されたりして、なかなかよさげなモノに見えるのですが、こうした細かいところで不満が残るような気がします。もうここまできたら値段をさらに下げてエントリーモデルとしてがんばるとかそういうことくらいしかできないんじゃないでしょうかねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

印刷もできるDVD±ドライブ

http://kakaku.com/akiba/hayamimi/05/03/hayamimi20050319_benq_ls.htm

発売されるという記事を見て、ちょっと気になっていた印刷もできる焼きドライブ。専用メディアと言うことでどうせ安くならねえだろうと正直見送り気味でしたが、ドライブ自体の価格は1万円を切っており、まあ普通? という感じの価格設定ですね。

しかしBenQドライブってどうなんでしょ? 液晶モニターを探しているときに、BenQモニターの価格が安く、これはどうなんだろうといろいろ調べたりしたところ、まあこの値段にしてはというような感じでした。ドライブも似たような感じだとすると、パイオニアあたりのドライブもバルクなら価格が変わらないので正直そっちにしたいところではありますねえ。
メディアの価格が普通メディアの1割り増しくらいならちょっと考えてみようかなと言うような感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

64ビットが必要とされる時代は近いのかなあ

なにやら秋葉原でのメモリ価格がどんどん下がっているようです。サムスンが第一半期まではメモリモジュールの価格は下がり続け、第二でとまり第三で反発するという話を信じるならまだもう少し下がると言うことになります。

http://akiba.ascii24.com/akiba/news/2005/03/19/654931-000.html

しかし1Gで1万3000円台というのは安いですねえ・・・。SWGの必要スペックが1Gというのを見たときには、こんなゲーマー仕様のPCを持っているやつは、いったいどれくらいいるんだろうと思ったモノですが、ここまで価格が下がってきているのを見ると実は1Gは普通という時代がすぐにくるんだなあという感じになってきました。

64ビットウィンドウズの売りの一つが扱えるメモリの拡張ですが、正直しばらくそこまでメモリ積むことないからXP拡張は普通の人には関係ない話だろうと思っていたのですが、こうなるとちょっと考えたくなりますねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧