パルフェ完了~

パルフェ ショコラ second brue 全員攻略終わりました。結構時間かかったなぁ。しかし前回のショコラと違い、ほぼすべての子がいいシナリオで。・・・まあ最初から脇役であろうと思われていた二人はちと力弱いところを感じましたが、まあそりゃしょうがない。
恵麻お姉ちゃん、カトレア、由飛、里香子の話は良かった。ショコラと同じようにほのぼの恋愛風景の描写もきちんと残っていましたし、システム的にもまともになりましたし、主人公の家族偏愛主義はおかしくねえかというようなつっこみも入れたくなったり、前作ショコラのキャラクターはほとんど出てこないので、前回のファンとしては、時々出てくる名前に身もだえしたりもしましたが、前回プレイした人には満足できる一品じゃないかと。

一部ネタバレを含む感想です

ショコラでは翠がダントツで一番心を奪われたキャラだったんですが、今回は上に上げた4人すべてときめきましたねー。まあどれが一番かといわれりゃ、チーフであるカトレアであるわけですが。ショコラのチーフはどいつもこいつも攻撃力が高すぎるですよ。
まあキャラ的に少し似通ったところがあるので、単なるわしの趣味なんですけどね。しかしエンディングの一部がほかのキャラと共通パートのところもあったんですけども、そこはきちんと席順を変えてほしかったですねえ。そこでもやはりキャラクターとの違いというか性格の違いが出てくると思いますし、というかそういうじゃれ合いが一番おもしろいのがこの作品だと思います。
カトレアのストーリーはツンデレの基本と言うような話でした。会う回数を重ねていくうちに好感度があがっていくというようなストーリー。姉との仲を取り持とうとする主人公の姿に少しずつ気持ちが揺られていく様子は伝わってきたんですが、つながる前にもう少し山が欲しい気もしました。まあ十分萌えましたけどね!

恵麻お姉ちゃんは最近流行のお姉ちゃん系ということでやったんでしょうけども、あそこまでやっておいてなぜそこで引くかなあ。もう少し隠したりしていればまた違ってきたんでしょうが、あれだけやっておいていまさらそれなの? というような気が。
まあ複数の要因が絡まって、不安になったというようなことというような描写をやっていましたが、やはり何でなんじゃろというような気がしました。しかし甘やかされる様子はまさにお姉ちゃんものの基本というような甘やかしっぷりで姉ものとしても十二分に楽しめますな。特に幼い頃に一緒の布団にくるまって寝たという昔話には個人的には経験と相まって身もだえしましたよ! しかし主人公当時恥ずかしがらずにトイレに一緒に行ってといえるとはなかなか甘やかされ慣れしておりますな。

由飛はカトレアとの関係でいいなあと思いましたが、どうしてもカトレアと待避してしまうので二番目以降の人になってしまいますねえ。キャラとしての魅力はあると思うんですが天然キャラとツンデレという天然ではツンデレの方が好きなもんで。
そういう風にどちらかのキャラに魅力を覚えてしまうと、このシナリオはいいなぁといくら思っても、もう一人の心象風景というか態度が気になってしまうんですよね。そういう意味では俺の場合にはちょっともったいないキャラだったなあと。

里香子の話はエンディングあたりでちょいと涙ぐみましたわ。子供が関わってくるだけで涙腺は確実に緩くなりますからね。子供絡ませるのは卑怯だよ! 
あと里香子エンディング以外では、再び里香子がお店に参加していたりするところを見るとほかのシナリオでは、ファミーユに参加しないのは別の理由でもあったんでしょうか。腕のリハビリをやめていた里香子が主人公がくっついた後にリハビリを始めるとは思えないですし、彼女の責任感の強さから言うと、祝福して田舎に引っ込みそうな気がするんですよね。恵麻のエンディングの場合には頼まれているので戻ったようですが、それでもリハビリをするかなあと言うことで、違う理由により参加しなかったんじゃないかと。しかしそれだと途中の試食の時に右手で食べていることの説明がつかないんですよねえ。一人で立てる子なのかなぁ? ちょいとその辺がどんな風に結論づけられているのか気になったりしました。

そんなこんなで前作よりも確実におもしろい作品。時たま出る戯画のアドベンチャー良作ですな。コンスタントにこれが出せるようになれば、確実に戯画は大人気メーカーになると思いますが、当たりはずれが激しすぎるんですよね・・・。
まあそれはともかくとして二つの作品の世界の続きの話をファンディスクかなんかで作ってくれないかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

スパイクアウト来た

XBOXのスパイクアウトが今日届きました。まあ発売日が今日ですからいいんですけども、光栄のオフィシャル通販はフライングで届くらしいいのになぁ・・・、いいなあ。
まあそれはさておき、プレイ感想。わたし、アーケードでは友人のプレイを見ているくらいでまともにプレイしたことないんですよね、ということでこれが初スパイクとなります。ストーリーモードなるアーケードではなかったモード。しかしアーケードから10年後が舞台という不思議なモードをやってみました。
チャージとビートがこれで、ふむふむ。ファイナルファイトの3D版みたいなのりじゃのう。・・・・・・1面ボスであっさり死亡。なかなか手強いゲームじゃて、さてコンティニューしてみるか・・・、んー(オープニング画面に戻る)・・・コンティニューがねえ!
いや1面で終わりて。確かにゲームがうまいわけではないですけども、ファイナルファイトや魔界村でも初期プレイで一面でゲームオーバーってなかったですよ。どんな難易度だよ!

まあ、XBOXユーザーにいるとは思えませんが、これから買おうかなと思う仏様のような方が、難しいのかと拒否反応起こると困るので言っておきますが、別に難易度設定がおかしすぎると言うことではないです。私もこんなのクリアできねえとふて寝しようかと思いましたが、その後何回か死んだら先に進めるようになりましたので、いい感じに歯ごたえのあるゲームという感じ。
アーケードでプレイしていた友人と話したところ、コンボがいくつか変わったとか誘導ができないとかボスが消極的になったとか雑魚がうぜえとか(それはゲーセンでもかわらないらしいが)いくつか変更点などもあるようですが、総じて移植としては満足という出来らしいです。
アクションゲーム好きだけどFPSばっかりでどうもとかロボットアクションが最近多いなあと感じていた人は、購入してみてもよいのではないでしょうか。
アーケード未プレイの方もプレイしたことなくてもすぐ慣れますので未プレイ同士liveであいましょう。アーケードでやっていた方はへたくそなやつがいても怒鳴らないでくだされ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セブンブリッジ終了

ライアーソフトのセブンブリッジクリアー。

んー、終盤の方が駆けあしすぎて、少し食い足りないという感じです。はじめの方の橋越えでは、十二分に描写がされていたのが後半ではただ流しているだけという感じに、まあ7つの橋すべてが主人公に対する試練でしたから、描写のネタが尽きていくというのも分からなくはないのですが、できればもう少しやってくれると嬉しかったかなと。マスコンの使い方を覚えてからの話などは、もっと盛り上がっても良いんじゃねえのという感じでしたし。

ゲームシステムの文字表記と音声、別々の情報を示すことにより、複数の事柄を同時に伝えるというやり方は面白いんですけども、できればログを見るときには音声も文字化して表示するなどの工夫が欲しかったです。音声の方が聞き取れなかったときが何回かありましたので。他にはシステム的には問題なかったかな。

それにしてもジェーン、ほとんどスポットライト当たらなかったなぁ。・・・はぁ、あの中でツンデレになりそうな唯一の人だったのに。ファンディスクなど出るようであれば補完を希望という感じですか。だって憎からず思ってるでしょ、あれ絶対。
まあ評価としては5段階で3ってところですかねえ、可もなく不可もなし。すごい面白いというわけではないですが、やってもソンはしないという作品だと思いました。
あー、エロ方面は純愛系であれば使える方かなという感じでしょうか、デロデロのエロエロを期待するとちと物足りないですが、十二分に使える作品だと思います。まあ中村絵にエロさを感じる人という前提条件もあるので、もしエロ伊のかで悩んでいる人がいましたら、オフィシャルのイベント絵を見て決めてください。いるのかそんなやつ。

たぶん本筋と関係ないところのネタバレをすると、6番目の橋の所で出てきたあの有名文学者。出身地がたしかあそこだと言うことくらいしか関連性が思いつかなかったのですが、なんかの意味があったのかな。

さて次はDSのアナザーコードです。ちまちまやるかー。

後日追記
セブンブリッジで来る人が何人かいましたので追記しました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ライアーソフトのセブンブリッジプレイ中

ちくしょう、ジェーンに心ときめくぜという感じにエロゲープレイ中です。始めたばっかなんでレビューとかではなくて、ただジェーンに心ときめいたと言うことをいっておきたかっただけなんですが。
話の骨格としては銀河鉄道777なんだろうなぁとおもいつつ、なんだか全体的に熱がない感じが・・・。まあそれも魅力。
主人公がよく分からぬままどこかに連れて行かれ、何かを背負わされるという感じの話は良いです、感情移入などもしやすいですし。記憶喪失などと同じようにプレイヤーと主人公の情報レベルがそろえられると、これはどうなってるんだという主人公の感情と一緒に考えるというのが、この手のゲームブックというかアドベンチャーゲームの面白さを作り上げているでしょうなあ。

しかし、ゲーム内容とは全く関係ないところで、現時点Patchを当てなくても普通にプレイできてるんですよね。昔の修正パッチが鬼のようにでたライアーソフトはいなくなってしまったのでしょうか。いや修正パッチなんぞという物はでない方が良いんですが、慣れた今となっては、むしろ不具合がでないと寂しいような気もすると言う、これはなんかの精神病? 爆弾が振ってこないと不安になるとかああいうやつですか。

さてプレイに戻ります。とりあえずジェーン萌えと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)